以前定期でお伝えしていた、各種情報のまとめも再開です。
今回はSNS関連のシェアや年齢別ユーザ数、フォロー数、インフルエンサーに関する記事のまとめとなります。

過去記事は、

ダイレクト・レスポンス・マーケティングとフォーム・セグメント

SSL証明書のSHA-1利用期限とブラウザ対応まとめ
SEOに役立つサイト10選

最新のWebブラウザシェアを調べる統計サイトまとめ

【最新版】2017年5月更新! 11のソーシャルメディア最新動向データまとめ

Social Media Lab(ソーシャルメディアラボ)様の記事です。常時、新しいデータをまとめてくれて重宝しています。
特に、統計記事は調べるのも大変なだけに、こうしたまとめの存在は大変ありがたいですね。

https://gaiax-socialmedialab.jp/post-30833/

特に年齢別シェアがあるのがいいです。企画書などにも使えそうですね。

インスタでいま注目すべきは「マイクロインフルエンサー」:影響力が最大となる最適解

DIGIDAYのマイクロインフルエンサーに関する記事です。記事中のグラフとマイクロインフルエンサーに関する考察が興味深いです。
記事中にも書かれていますが、マイクロインフルエンサーのコンバージョン能力(商品紹介能力/リーチ能力)の高さは業界では有名な定説の1つですが、数万のマイクロインフルエンサーをコントロールする術が、今のところありません。

http://digiday.jp/agencies/micro-influencers/

Instagramレポート2017 【フォロワー数別にみる「いいね数といいね率」】〜コスト編〜

なかなかない、貴重なデータです。
もともと、Instagramの広告市場規模を知りたくて検索した結果あたった記事です。米国寄りの記事が多い中、貴重な記事でもありました。市場規模2.4億円は思ったより少ない?多い?

https://www.value-press.com/pressrelease/181968

マイクロインフルエンサーの信頼度の高さを示す、ステルスマーケティングを警戒されない強みが伺えます。

「Instagram 投稿を見て食べ物/飲み物を購入」4 割が経験あり! 真似したくなる“食”の投稿、ポイントは「写真のきれいさ」と「親近感」

http://www.trenders.co.jp/wordpress/corporate/wp-content/uploads/2015/09/mpr20150903.pdf

Instagramの影響力、購買の寄与の高さを示すアンケート調査結果です。「Instagram 投稿を見て食べ物/飲み物を購入」が40%という非常に高い結果が出ています。