こんにちは、ノリ子です。

前回に続き、「A/Bテストの事例記事(英語)」を意訳して、ご紹介いたします。
小さいところを変えただけで、CV率がアップすることと、米国ではこうしたA/Bテストが活発に行われていて事例が豊富なことに驚きです。

出典元:8 Simple Online Copywriting Case Studies with Examples from Real A/B Tests http://contentverve.com/

タイトルカラーを変えただけでCVアップ

「FreeMake.com」内のMP3 converterのLP(ランディングページ)でフォントカラーがオレンジの場合と黒の場合でA/Bテストをしました。
結果は黒色の方がダウンロードが6.64%増加しました。

オレンジ色がLPのデザインカラーに同化しており目立っていないようでした。コントラストを強くすれば、より読みやすいのではないかと仮設を立て、試したそうです。

皆さまのサイトのデザインを考量してカラーテストをしてみてください。

03
引用:http://contentverve.com/wp-content/uploads/2013/07/Screen-Shot-2013-07-14-at-16.39.50.png

お買い得な事を示すだけでCVアップ

自動車用品を販売しているオンラインショップの事例です。
商品一覧ページで、【カートに入れる】ボタンの上に「お買い得な事を示す」リンクを設置することによりCV率が17.18%上昇しました。

02
引用:http://contentverve.com/wp-content/uploads/2013/07/Screen-Shot-2013-07-14-at-16.41.52.png

購買意欲が低い顧客を商品詳細ページに誘導することにより、購買意欲を引上げることができましたね。
まだまだ続きますー

本記事の著作権は全て出典元にあります:8 Simple Online Copywriting Case Studies with Examples from Real A/B Tests http://contentverve.com/