こんにちは!EFOブログを見て頂いてありがとうございます。大谷です。

今日は以前にもご紹介させて頂いた弊社の離脱確認機能と、それにまつわるお話しをご紹介させて頂きたいと思います。

注意喚起が行動を変える

先日、とあるネットニュースで下記のような記事を見ました。

14歳の少女が考えたネットいじめを激減させる方法がスゴい
引用:http://matome.naver.jp/odai/2142237412026997901

その方法とはSNSで誹謗中傷に関する投稿が行われる前に「本当に投稿しますか?」というメッセージを出すというものです。

実際にメッセージを出したところ93%のユーザが投稿を取りやめたという結果だったそうです。

仕組み自体は非常に単純なものではありますが、たったこれだけの注意喚起でもユーザ動向は大きく変わるものですね。

離脱防止機能

さて、弊社のEFOには「離脱をしようとしたユーザに対して、確認のメッセージを促す」離脱確認機能というものがあります。

ダイアログ4

この離脱確認機能では、未完了のまま離脱をしようとしたユーザに対して「本当にこのページから離れますか?」というメッセージを出すことができます。

この機能を有効にした結果、メッセージを表示したユーザは平均30~40%程の割合で「このページに留まる」を選択しているという結果が出ております。

実はこの離脱確認機能は弊社のメッセージ機能の中でも最も効果が高いものでもあります。
ちょっとしたメッセージが大きな影響を与えるこの機能、ぜひご検討ください。

次回もお楽しみに!

イメージ写真はクリエイティブコモンズ・ライセンスに基づき掲載しています。 写真掲載元:thematthewknot