拝啓 Webマーケッターの方へ

このブログまで到達していただき、ありがとうございます。本日は、こっそり情報収集家の澤田が記事を担当します。

たまに出没する私は、ちょっとだけefoから目線をずらしたネタでSeason5の今回、フリーミアムモデルについてお話をします。

フリーミアムモデル?

始めは無料でサービスの基本機能を使い、より高度な機能やサービスを利用する際は有料で提供するビジネスモデルです。

みなさんも、なにかしらのサービスを無料でまずは始めてみた、ということはありませんか?そして、いつしかそのサービスを有料版へと移行していたりしませんか?

その成功事例は?

成功事例の代表となるのが、EvernoteDropboxです。

Evernoteでは、無料利用ユーザが30日間利用後に有料プランへの移行する割合が、0.5%、6ヶ月で1.0%、1年後で2.0%に増加していくという数字が出ているようです。

サービスインから3年で登録ユーザ数が1,000万人を超え、0.5%(30日間利用後に有料プランへ移行した割合)が年額4,000円を払った場合、概算で年間2億円の収益になるんです。

001
引用元/Evernote:
http://liskul.com/wm_freemium5-5826
https://blog.evernote.com/jp/2011/06/07/3261

一方、Dropboxでは、無料利用ユーザが友人を紹介すると、さらに無料で追加容量を得ることができるワンステップをとっており、次のステップが有料プラン移行となっています。

この『ワンステップ』をとることで、無料ユーザの大量獲得に成功しているようです。

現在の登録ユーザ数における有料ユーザの割合は約4%となっており、一般的に課金率は5%と言われているので、数字としては悪くないのかも。

とはいえ、Dropboxは収益性をさらに高めるための施策を進めているようです。あくなき戦いですね!

002

引用元/Dropbox:
http://www.sbbit.jp/article/cont1/29967?page=2

やはり失敗事例もある?

逆に、失敗例も見つけましたよ。

Pandoraという日本では利用できませんが、アメリカのオンラインパーソナルラジオサービスです。

こちらは有料プランの際に、利用できる時間に制限があったことや、いくつかの基本機能が有料プランでしか使えない、といったことが失敗に繋がっていたようです。

003

引用元/Pandora:
http://liskul.com/wm_freemium5-5826

成功のポイントを知りたいか!!

成功したにせよ、失敗したにせよ、その要因(=Why?)を検証する必要がありますよね。

私が思うポイントは以下の3つです。

1)無料機能を使用する際に、サービスのメリットがしっかり伝わる
2)無料機能と有料機能の明確な線引きがされている
3)有料移行への判断タイミング(きっかけ)が適切である

ポイント1

無料利用期間のうちに、サービスのメリットや便利さがしっかり理解されることが大前提です。その期間内に理解されないと、有料化への道が極端に狭くなります。

ポイント2

無料と有料の機能差が明確であること。これが不明瞭であるために有料プランの機能に魅力を感じなくなってしまっては元も子ありませんね。

ポイント3

最後に、有料への判断タイミング。

永続的に無料利用ユーザのみ獲得しつづけるのではビジネスとしては成り立ちません。無料利用ユーザに対して、どのタイミングで、何をトリガーに「有料プラン」を意識してもらうか。

この最適値を見定めるのは難しいと思います。

たとえば、あらかじめ無料期間が決められていると(たとえばHuluの無料利用2週間)、無料期間が終わるころに有料プランへの魅力を感じていれば有料プランへ移行します。

ここに明確な判断タイミングがあります。

その点、EvernoteやDropboxは、有料プランへの移行タイミングがユーザの判断に任せるような仕組みになっています。

前述した期間ごとの課金率をみても分かるように、利用期間と課金率が(恐らく)比例していることからも、「もっと長く、深く使いたい」というユーザ心理がひとつのきっかけになっているかもしれません。

そう思ってもらえる「プレミアム感」。

あなたがフリーミアムモデルのビジネスを始めようとしているとき、利用ユーザにとっての「プレミアム感」は何でしょうか?

おまけ

すべてのフリーミアムビジネスに、この3つをきちんと適用すれば必ず成功するわけではありませんので、ご了承くださいね。

ただ、どの成功企業もフリーミアムモデルの成功までには、幾重ものPDCAという努力があることを忘れずに。

フリーミアムであっても、利用するには入力フォームという最終関門があります。その関門を突破しやすいのも、モチベーションが高いフリーミアムプランかもしれません。

無料の方がモチベーションは高く、早く使いたい!という気持ちを持っていますよね。きっと。

以上