みなさま、お久しぶりです。タケやんです。

今回は私の師匠「ブルース・リー」から伝授した、スマホフォームの改善方法をお伝えいたします。

Don’t think, feel 考えるな、感じろ

恐らく、予想は出来ていたかと思います。ブルース・リーといったらこれですよね、、、

この名言が今の時代のスマホフォームの為に生まれてきたのではないかと思うくらい、的確なアドバイスです。

『スマホフォームは見た目が大事』

PCやタブレットに比べ、スマホ画面はかなり小さいですよね。さらにキーパッドも小さい為、入力が面倒ですよね。

スマホユーザーは入力の手間を知っている為、直感で入力を始めるか否かの判断をします。

画像①

上記のように、ファーストビューに収めると入力時間が少なく感じ、入力し始めるユーザーが増えます。

『任意項目をアコーディオンに纏める。』

CRMやデータマーケティングでは、制約率を高める為に情報を多く取得したいため、任意項目を多くしがちです。

しかし、下記のように任意項目はアコーディオンでまとめることにより、すっきりしたフォームデザインの構成が可能になります。

2-3

上記のように、「考えることをさせずに入力させること」が、最適なスマホフォームといえるでしょう。