こんにちは!ケビンです。上司に同じ名前の方がいらっしゃいますので、何故かケビンというニックネームに、、、、最初は呼ばれるのが恥ずかしかったものの、今ではケビンと呼ばれないと、振り向きません!

僕のニックネームはさておき、さっそく本題に入りましょう!

入力フォームの役割!入力フォームは宝の山!!

入力フォームはWeb運営において売り上げを上げるうえで、重要な役割を担っています。

それは、【マーケティングに必要な、顧客情報が満載!

人材業界で一例をあげると、入力フォームにおいて、顧客の年齢、性別、過去の経歴、希望職種、などなど、ほしい情報が多いほど、適切な求人を紹介できるので、成約率が高まるのは容易に想像がつくと思います。

しかし、現状は入力項目が多いことがフォームでの離脱の原因だと思い、極端に入力項目数を削減している企業様が多くなってきている気がします、、

項目数を極端に少なくするデメリット

・ユーザーの質が低下する
⇒モチベーションが低い人の増加
⇒企業からの電話に出ない人が増加

上記の理由から、再度項目数を再度増やした企業様もいらっしゃいます。

takara

顧客情報を有効活用して成功した企業!!

大手アパレル企業ナノ・ユニバースでは、会員登録の際に、より多くの情報を入力してくれたお客には、ポイント還元率を高くするシステムを採用しています。

取得している情報は、顔写真、身長、足のサイズ、股下サイズなど、普通は入力する事のない情報。当企業の目的は、上記の情報をもとに、ロイヤルカスタマーのフィットする洋服をレコメンドすることで、顧客満足度を高めること。

実際に顧客満足度の向上が見られ、業界では注目されています。

この成功事例のように、入力フォームの活用次第で貴社の売り上げの足かせになることもあるし、武器にもなることがご理解いただけたでしょうか。

もし入力フォームに対しての考え方に少しでも参考になれば幸いです。

引用元:ネットショップ担当者フォーラム

128