「外回り 汗も滴る いい男」

こんにちは、タケやんです。

最近は外回りをすることが多くなり、汗が蛇口をひねったように滴っております。
そんな中、汗ふきシートをくれる後輩が大好きです。

この度の市場調査はこちらです。

第3回「専門用語が多すぎる!?自動車保険お見積りフォーム」

車を購入したばかりの人や、カスタマイズの知識を持っているような車に詳しい人でも「自動車保険お見積りフォーム」の入力では戸惑うことが多く、諦めてしまうことも多いのではないでしょうか。

そこで、今回は自動車保険業界ならではの施策や特徴をご紹介いたします。

フォームのコンパクト化

追記詳細の表示

自動車保険では、他の入力フォームではなかなか見られないような項目が多々あります。

画像1

画像2

このような場合、項目の理解を得やすくする為に、説明書きや詳細を記載をすると文言が多くなります。結果、入力フォームの見栄えが悪くなり、ユーザ離脱につながります。

文字が多いと圧倒されて、入力する気がなくなることも多いのです。

このような場合、説明書きを短縮し、リンクをつけることにより、見栄えを改善しております。

また、別画面や別タブにユーザを遷移させると離脱に繋がりますので、
同じ画面内で表示をしたり、スマホではポップアップにより説明書きを表示するなど、コンパクト化による離脱軽減を行っております。

画像3

画像4

【参考関連記事】スマホページのスクロール量を減らす方法あれこれ

プルダウン形式の多用

1項目に対する選択項目が多いため、プルダウンで表示する項目が多いです。

また、選択内容によっては、さらにプルダウンが表示され、より細かなユーザの入力データを取得しております。

このようにフォームの見栄えをコンパクト化することで離脱の改善につながります。

ただし、プルダウンでCVダウン!?【連載|フォームの落とし穴】にもあるとおり、多用することでむしろCVダウンになる場合も多いので、利用頻度や利用目的、離脱傾向などを解析して改善を図りましょう。

【参考関連記事】【素敵入力フォーム2】株式会社ジェーシービー様カード申込編

初期表示文機能

追記詳細を表示する際、説明書きや詳細、リンクを閲覧しないユーザの為には、項目にアタッチした瞬間に吹き出しで項目の説明書きを表示します。

リアルタイムでユーザにお知らせするため、効果が高いと思われます。

efo-car-form

いかがでしょうか。

自動車保険お見積りフォームのように見栄えや見え方ってかなり重要なんです。

汗も滴りすぎると見栄えが悪くなってしまうので、ぜひ汗ふきシートを後輩にもらって、暑い夏を乗り切りましょう!

その他、自動車保険フォームに関する記事は、ぜひ【素敵入力フォーム4】自動車保険編も、ご覧ください。