初めまして、買い物大好き!かもめです。

最近は、セールの時期でデパートや百貨店からDMが届く毎日。
“安い”という文字や、可愛い服の写真に釣られて、ついつい買い物に行ってしまいますよね。

そこで今回は、ECサイトでのリターゲティング広告についてのお話をいたします。

リターゲティング広告と行動履歴

リターゲティング広告は、一度ページを訪れた履歴がある人にだけ広告を出す仕組みです。興味があるだろう人に広告配信をするわけです。

「商品の詳細を見た人=興味がある人!」

お店に来たことがない人に出すよりも、一度お店に来店したことがある人に広告を出すことは、とっても効率的で効果的!

弊社では、そんなリターゲティング広告の特性をより強めるサービスを提供しています。

その名も、ナビキャストAd

このナビキャストAdは、従来のリターゲティング広告よりも更に細かくユーザのセグメントを切ることで、「より興味があり」「商品を購入する準備段階にいる(カートに商品を入れる等)」ユーザのみに広告配信を行うことが出来るサービスなんです。

efo20150721

某有名お菓子メーカーさん(ECサイト)の事例

規模は月に約70万UUアクセス程。バレンタインの時に行った施策です。従来のリターゲティング広告に加え、ナビキャストAdでカートに入れたユーザにのみ広告を出すようにしたところー

今まで

チョコレートの商品を見た人にチョコレートの広告を表示
CPA:約1400円

ナビキャストAdを用いた場合

チョコレートの商品をカートの中に入れた人にチョコレートの広告を表示
CPA:約950円

これだけでこんなにもCPAが下がった!

※CPA=1件のコンバージョンを獲得するのにかかった広告コスト(成果単価)

このようにCVに近い人にアプローチをかけることによって効率的にユーザを購入に導くことが出来るんですね。

このナビキャストAd、もう一つ画期的な秘密があるんです。
それは、DB(データベース)連携が不要でスクリプトタグだけでカートの中身を判別できることなんです!

これは、ウェブ接客ツールのサイト・パーソナライザというサービスが持っている機能を利用しています。

【参考】ウェブ接客ツールのサイト・パーソナライザとは…?

DB連携不要で、ユーザー毎にコンテンツを出しわけることが出来るサービスです!

使い方はこちらをご覧ください↓

efo20150721
 
このように簡単にユーザのセグメント分けができるんですね!

【ナビキャストAdとサイトパーソナライザについて】

このなんとも画期的なウェブ接客ツール サイト・パーソナライザを使うナビキャストAdはこんな人に向いてる!

・CPAを下げたい!
・より興味を持っている人だけに広告配信をしたい!
・システム開発に手間をかけたくない!

上記ECサイトの他にも某化粧品会社様など、様々なECサイトにお使いいただいております。

手軽に導入ができ、かつCPAを下げることができますので、興味がある方は、是非、ナビキャストAdについてお気軽にお問い合わせ下さいませ。!