去年も話題だったPWA。とはいえ、国内のインストールは進んでいませんね。例えばiPhone SafariではService Workerが未対応など、国内の普及阻害勝因としては非常に大きいことも挙げられます。

PWA(Progressive Web Apps)とは

私も、話題になり始めてから知りました。偉そうなことは書けませんので、下記のサイトをお勧めします。
一読の価値ありです。

【参考】いまさら聞けないPWAとAMP
http://qiita.com/edwardkenfox/items/4c0b9550ffa48c1f0445

【参考】ビジネスマンにも分かるGoogle Developers Summit Tokyo 2016
https://www.i3design.jp/in-pocket/2490

色々と難しそう??

社内でヒアリングしたところ、非エンジニアの方には「PWAに触発されているものの技術的に躊躇している人が多く」、エンジニアの方は「簡単だけど新しいところが少なく触発されている人が少ない」という極端な結果になりました。

有効性という点で、まだまだ成功事例が少ないのが原因のようです。

Googleは開発を先導しているだけあって事例が多いものの、海外が主体ですね。

【参考】casestudy|progressive web apps
https://developers.google.com/web/showcase/2017/

ランコム成功事例を海外SEOの鈴木さんが翻訳されていたんでそれも。

【参考】Service WorkerをサポートしないiOSでもPWAで成果をあげた世界最大のビューティサイト
https://www.suzukikenichi.com/blog/lancom-increased-mobile-sessions-on-ios-through-pwa/

ちなみに開発は比較的容易ということを解説しているサイトもありました。曰く数時間で構築できる。

【参考】脱ネイティブ!Googleが推進する「PWA」にたった数時間で対応する方法
https://www.webprofessional.jp/retrofit-your-website-as-a-progressive-web-app/

はやるか??

おそらく流行すると思います。今はアーリーアダプターすらわずかな状況ですが、レスポンシブやAMPも浸透に時間がかかったのと、みんながやり出さないと予算が下りない現況を考えると周辺サービスや自動化サービスが出てくるまではもう少し猶予がありそうですね。

その間にしっかり勉強しておくのが良いかもしれません。