拝啓 Webマーケッターの方へ

このブログまで到達していただき、ありがとうございます。本日は、こっそり情報収集家の澤田が記事を担当します。

Season9の今回は、もしかしたら今のところefoから一番遠いお話かもしれません。新しく作ったサービスの拡販についてのお話です。

新サービスの拡販という地球規模のはなし

「新しいサービスを作ってみたんだけど、どうやって広めたらいいかな?」

ある知人からこんな相談を受けました。これを聞いて、私の頭はある意味停止するのでした。

その質問は、たとえて言うなら、
「地球をもう一つ作ってみたんだけど、どうやって住む人探したらいいかな?」
くらい大きな話です。

地球規模の質問を投げかけられると、もちろん回答をしてあげなきゃ!と思うのですが、その前に、いろいろと質問事項が雪崩のようにでてきます。

その質問自体を整理したり、まずどこから聞こうか、など考えているうちに、「回答をする」という脳ミソは一旦停止します。

代わりに「質問に対して質問する」脳ミソがフル稼働を始めます。

質問に対しての質問

「質問に対して質問する」脳ミソを可視化してみましょう。

・どうして作ったの?
・誰のために作ったの?
・それ使うと何かいいことある?
など知りたくなるわけです。

質問の置き換え

もらった質問に対して回答に困った時。その質問に対する回答がなかなか出にくい場合、私はいったん質問を地球規模に置き換えてみます。あくまでも私の場合、ですよ。

例A

入力フォームにきてくれたのに、なんですぐに帰っちゃうんだろうか?
↓ 地球規模に置き換え
地球にわざわざ来てくれたのに、なんですぐ帰っちゃうんだろうか?

この場合の質問に対する質問1・・・
そもそも何をしに地球に来たの?
↓ 入力フォームに置き換え
そもそも何をしに入力フォームに来たの?

この場合の質問に対する質問2・・・
地球の何が嫌で帰ったの?
↓ 入力フォームに置き換え
入力フォームの何が嫌で離脱したの?

例B

無料会員をどうやったら有料会員に変えられるかな?
↓ 地球規模に置き換え
南半球をどうやったら冬でも雪が降るように変えられるかな?

この場合の質問に対する質問1・・・
雪を降らせる理由は?
↓ 会員変更に置き換え
有料会員にする理由は?

この場合の質問に対する質問2・・・
南半球で冬に雪が降らなきゃダメ?
↓ 会員変更に置き換え
有料会員にしなきゃダメ?

回答をしてあげたいからこそ、もっとその奥深くに眠る、本当の意図を知りたいものです。

極端すぎるくらいアホっぽいかもしれませんが、頭を柔らかくして考えてみたときこそ、ハッとする質問が飛び出て、クライアントの抱える課題の本質に向き合える、はずです。

軸を考えた質問マトリクス

とはいえ、せっかく相談してくれたので、精一杯回答を考えます。

回答を考える際には、やみくもにアイディアを乱発するのではなく(そういうやり方も場合によってはOK)、ちょっと整理しながら考える方法をやってみましょう。

常に、回答を考えるときには二軸を基本とします。目線を変えます。

どんな軸があるか?

・自分と他人(立場の差で考える目線)
・即効性(すぐ)と遅行性(長期的)(時間軸で考える目線)
・Webとリアル(物理的な差で考える目線)
・メリットとデメリット(損得勘定で考える目線)

002

この2軸の種類が多ければ多いほど、回答は出てきます。

上記4つの軸以外に、どんな軸がありますか?そこに回答は隠れてます!!

さあ私は、
「新しいサービスを作ってみたんだけど、どうやって広めたらいいかな?」
について考えるとしましょうか。

以上