こんにちは、つかさです。

さて、本日は先日リリースされましたオートコンプリート機能を利用した結果、CVが劇的に改善したので、ご報告させて頂ければと思います。

オートコンプリートの主目的

オートコンプリートは全てのユーザを対象とするものではなく、スマートフォン(モバイル)に的を絞ったコンバージョン改善機能です。

スマホは、ブラウザがわずかに不安定、入力に疲れる、補完が無いと入力が非常に面倒(辞書候補にあればいいが)…etc 、パソコンに比べるとはるかに入力のハードルが高い端末です。

また、通信が切れた、電池が無くなったなど、不本意ながら入力を放棄する方も少なくなく、入力フォーム最適化だけではフォローできない問題も多いです。

これらの問題に対処するのがフォームアシストのオートコンプリート機能で、項目に入力された文字を記憶し、再度訪れた際に過去の入力情報を表示、選択できるようにします。途中でリタイアしたユーザ向けの機能ですね。

オートコンプリートの導入結果

今回は、これを金融機関の口座開設フォームに適用しました。金融機関の口座開設といえば、最難関。あまりにも入力項目と必要条件が多すぎて、CV率が上がらない事で有名です。

【プロフィール】
業種:金融
フォーム:口座開設
PCとスマホの比率は6:4
項目数:約50個
流入数:約6,000UU

と、スマホの流入の比率も多いフォームになります。最近では、PCがあっても、ほとんど起動しなくなったユーザも増えているそうで、スマホ比率は、これからも上昇していくと思います。

さて、導入結果ですが、

CMP率 CV率
オートコンプリート利用あり 81.8% 66.9%
オートコンプリート利用なし 22.4% 18.4%

CMP率(入力完了率)はオートコンプリートを利用した方が、利用しなかった場合と比較し約4倍(+59.4ポイント)、CV率もオートコンプリートを利用した方が、利用しなかった場合と比較し、約3.6倍(+48.5ポイント)も増えております。

再訪したユーザは再度入力するという手間を大きく減らせ、お客様も大変効果があったと喜んでいましたので、私もうれしかったです!(^^)!

次回は、また違った施策での成功事例をお話しできればと思います。