初めまして!天パーと申します。

髪の毛の乾かし方によって、天パー度合いを抑えられると聞き、最近は、日々20分かけてベリーショートの髪を乾かしております。

さて、本題です!

ASP型EFO(Entry Form Optimization)サービスは、コンバージョン・アップとコストパフォーマンスに高い効果があると言われていますが、具体的にどんなメリットがあるのか、改めておさらいしてみましょう!

メリット① 導入が楽!

フォーム最適化の重要性がわかっていても、自社で制作するとなるとそれなりに社内リソースが必要になるので、なかなか優先度が上がらず、後回しになりがちです。

ASP型のサービスであれば、対象ページにタグを設置するだけでEFOを実装できます。

CVが上がることがわかっていながら、手を付けられない企業様でも現状のタスクを増やすことなく、簡単に導入する事ができます。

メリット② 詳細なログ取得が可能!

自社制作において、一番のデメリットは、このログ取得が難しいことです。

表面上の機能だけであれば、ある程度の工数があれば実現できますがログ取得の仕組みの構築と取得データの集計機能の構築はかなりヘビーです。

ASPサービスであれば、ログ取得・ログ集計は勝手についているので、導入効果がいつでも把握できます。

当ブログでも紹介している通り、EFOは実装後のログの変化を見ていきながら細やかなチューニングを繰り返すことで最大の成果を出すことができるものなので、ログ取得ができないということは致命的ですね。

メリット③ 他社の改善ノウハウが手に入る!

ASPサービスを利用する最大のメリットは、EFO提供企業が今までに手掛けてきた他社様での改善ノウハウを提供してもらえるという点です。

ログ取得ができたとしても、その数の良し悪しを判断し、その後の改善につなげなければ意味はありません。

ナレッジとして予め次に実施する施策の正解がわかっていれば、より速く最大の効果を出すことができます。よって、多くの企業様がASPのEFOツールをご利用しているのです。

特に弊社EFOツールは、各業界のリーディングカンパニーをはじめ圧倒的な導入実績数があり、各企業様に合わせた最適な改善ノウハウや同業他社の平均数値を提供することが他のASP業者には無い、とても大きな強みです。

些細な質問でも構いませんのでEFOをご検討の際には、是非、弊社にお問合せ下さいませ!!

【お問合せはこちら】
https://www.showcase-tv.com/support/