こんにちは、にゃんこ師匠です。

いよいよ1年のうちで、最もお金が動くシーズンがやってきましたね!Black Fridayスタートということで、このブログでもBlack FridayとCyber Mondayを徹底解剖したいと思います。

Black FridayとCyber Monday

最初のイベント開始はBlack Friday(ブラックフライディ)。

ブラックフライデー(英語: Black Friday)は米国で感謝祭(11月の第4木曜日)の翌日の金曜日のことである。正式の休暇日ではないが休暇になることが多く、伝統的に一年で買い物が最も行われるクリスマス商戦(ホリデーシーズン)の開始の日である。また、ブラックフライデー当日は感謝祭プレゼントの売れ残り一掃セール日でもある。 – Wikipedia

https://ja.wikipedia.org/wiki/ブラックフライデー_(買い物)

次のイベント開始はCyber Monday(サイバーマンデー)。

アメリカ合衆国では、伝統的に感謝祭翌日の金曜日(ブラックフライデー)から年末セールが始まり、感謝祭の休暇中、実店舗は買い物客で混雑する。一方、オンラインの店舗では、感謝祭の休暇明けの月曜日に売上が急増することから、この日はサイバーマンデーと呼ばれている。この呼び方は、2005年のホリデーシーズンに「Shop.org」によって使われ始めたものであるとされる。

https://ja.wikipedia.org/wiki/サイバーマンデー

Black FridayとCyber Mondayは、スタート地点にすぎず、真のピークは12月初旬〜中旬にあります。
holiday-shopping-trends-nugget-02

Cyber Mondayから加速しているのがわかりますね。

どんなものが売られているの?

米国を主体としたホリデーギフトって、日本でも似たような兆候があるだけに、なんとなくは判りますが、GDP No.1の規模の国(圧倒的)が大半の売り上げを、この時期に売り上げるとなると規模感がちょっとつかめません。

そこで、チラシや特売広告を探してみました。こんなサイトを発見。

Black-Friday-2015---Black-Friday-Ads-and-Best-Black-Friday-Deals

https://blackfriday.com

https://blackfriday.com/stores/walmart/ads/black-friday
Walmartのチラシを見ると50%~70%OFFって感じです。

売上高は3兆円!?

「米ブラックフライデーのネット売上高は24億ドル、iOSがAndroidに圧勝」によると、この時期のオンライン売上高は3兆円にものぼるそうです。

ブラックフライデーのネット売上高だけで24億ドル、その後に、それを上回るサイバーマンデーが来るわけですから、オンラインショップにはトンデモな2ヶ月(11/1~12/末)であることは理解できますね。

Black Friday Results 2014
http://www-01.ibm.com/software/marketing-solutions/benchmark-reports/black-friday-2014.html

Cyber Monday Results 2014
http://www-01.ibm.com/software/marketing-solutions/benchmark-reports/cyber-monday-2014.html

Adobe Reports New Online Sales Records for Thanksgiving, Black Friday; $1.33 Billion and $2.4 Billion Respectively
http://www.businesswire.com/news/home/20141128005494/en/Adobe-Reports-Online-Sales-Records-Thanksgiving-Black#.VHpdv2TF8vF

これはクリスマス商戦と重なり、米国のみならず、カナダ、イギリスなどでも、同様に熱い商戦が繰り広げられています。

リアル店舗のオンラインの戦い方

リアル店舗にとっても、この時期こそが「勝負どき」であることは変わりありません。ただ、オンラインの伸びに比べると、リアル店舗が減速傾向にあるのも確かです。

しかし、オンラインによる告知(&認知)を上手に展開するリアル店舗にとっては、むしろ起死回生のチャンスであるとも言えます。

イギリスの老舗デパート「John Lewis」はオンラインマーケティングで大成功を収めています。

http://www.johnlewis.com/

ジョン・ルイス (John Lewis) はイギリスの百貨店チェーン。親会社はジョン・ルイス・パートナーシップ。1号店は1864年にロンドンのオックスフォード・ストリートに開業した。 – Wikipedia

例えばYoutubeではー 2015年のクリスマスギフトCMはすでに再生1800万回を越えています。(11/1公開 11/25時点)

Youtubeチャネルはこちら
https://www.youtube.com/user/JohnLewisRetail

John-Lewis---YouTube

ソーシャルの受け口となるランディングページはこちら。
http://www.johnlewis.com/christmas-advert?tmad=c&tmcampid=70&s_smcid=YT3112015_christmasaddes____

Christmas advert 2015 Man On The Moon のコピー

このように、リアル店舗に関してもO2Oや、オンラインでの口コミ形成、ファンの醸成は欠かせないものになっています。

ただ、大人気とは裏腹にオンライン需要に応えきれず2013年のクリスマスでは遅配を発生させて、大きな問題となってしまったようです。

こうして考えると、オンラインショップの強さはバックグラウンドを支える配送技術にあるとも言えそうですね。

そういう意味でも、やはりAmazonは凄いことになりそうです。

Amazonのプライムデーはブラックフライデーを超えた!今年はどうなる?

配送技術の開発に熱心といえばAmazonでしょう。斬新なアイデアで、即日即時お届けを実現しています。

まずプライムデー。Amazonのプライム会員になると配送料無料、一部デジタルコンテンツ見放題、そして特別値引きの商品を買えるプライムデー。

Amazon、「プライムデーはブラックフライデーを上回る大成功、今後も継続する」と発表
http://jp.techcrunch.com/2015/07/17/20150716amazon-says-prime-day-was-bigger-than-black-friday-and-will-be-held-again/

驚愕です!「プライムデーはブラックフライデーを上回る!?」凄いですね。

さらに、「Prime Now」を発表し驚愕の配達時間を。

Amazonが日本でも1時間以内の爆速配送「Prime Now」をスタート
http://gigazine.net/news/20151119-amazon-japan-prime-now/

加えて11月からは、Cyber Mondayに備えて、考えられないような配送ネットワークを構築。
アマゾン、クリスマス向けに自前で航空貨物機運行の可能性
https://wirelesswire.jp/2015/11/48099/

佐川とAmazonが導く仕入れ革命!国境が消える?
https://ecnomikata.com/ecnews/backyard/6905/

でもって、きわめつけは、Cyber Mondayにプライムデー!
https://www.amazon.co.jp/b/ref=br_imp?…

Amazon.co.jp のコピー

うーん、どうなっちゃうのでしょうか!???

どきどきが止まりません。

Black FridayとCyber Mondayを前後する各社の動きは、EC関連も受け持つマーケティング担当者としては、「勉強」の場がてんこ盛り。僕は「もう一つのクリスマスプレゼント」として、ありがたく勉強させていただいています。

マーケティングって、本当に楽しい!!