EFOブログをご覧の皆さま。はじめまして。トミーです。
健康のためにと先日マラソン大会に出ました!

が、結果はその後4日間、筋肉痛で動けなくなりました。継続して行うことが大切ですね。
EFOも継続して改善していくことが大切です。

ではでは、早速本題に。まず下のフォームを見てください。
2014004

よくあるフォームの冒頭、名前の項目部分です。お客様のことを考え、「例文」を表示して、「入力文字形式」についても記載して、「文字数」の制限についても触れて・・・

「これだけガイドをすればお客様も間違えず、スムーズに入力できるはず!」と思いますよね?

でも実際にはガイドが多い=入力のルールが多いと認識されてしまい、「入力するのが面倒そうだな〜。」と直帰されてしまいかねません。

ガイドも表示の仕方を変えるだけで印象をガラッと変えることができます。
それではさらに下のフォームを見てください。

007

どちらのガイドが見やすいでしょうか。

最初のフォームでは、テキストが並べられているだけでメリハリがなく、実際にはお客様の目に留まりません。目に留まっても読むことが面倒という印象を与えます。

アイコンを使うことによってテキスト量が減り、メリハリを与えてお客様の目に留まりやすくする効果が期待できます。

入力フォームでは「面倒」と思われたら離脱されます。「読む」、「直す」といった無駄なアクションを減らす為の仕掛けを用意し、「入力」というアクションだけに集中してもらえるフォームを目指しましょう。

イメージ写真はクリエイティブコモンズ・ライセンスに基づき掲載しています。 写真掲載元:NNECAPA Photo Library