稀代の経営者、孫正義社長はこのように言っています。

登りたい山を決める事。これで人生の半分が決まる。

私は、こう思います。
「自分が使いやすいかを考える事。これで入力フォームの半分が決まる!」

こんにちは、倉橋です。今回は、フォームアシストの新機能「Yahoo! ID連携」に関連した内容をお伝えしたいと思います。

すごいぞ「爆速経営」

2012年に経営陣が刷新され「爆速経営」で知られるYahoo! JAPAN。
次々に他業界、他業種との提携やM&Aを進め、201X年3月期までに経常利益3, 300億円を目指しているそうです。

私がなかでも驚いたのはTポイントとの統合です。
「Yahoo!ポイント」というブランドを捨てでも、最速で会員数を増やす道を選んだ決断はまさに「爆速経営」ですね。
(T-IDは→Yahoo! JAPAN IDに統合)

●Yahoo! JAPANプレスリリース
http://pr.yahoo.co.jp/release/2013/0604a.html

フォームアシストが連携!

そしてこの度、そのYahoo! JAPAN IDとフォームアシストが連携する事になりました!!
(宣伝で恐縮です。)

フォームアシストを利用している企業で、「Yahoo! ID連携機能」をお申し込みいただければユーザがYahoo! JAPAN IDに登録している個人情報を呼び出して利用できるのです。

お申し込み後、入力フォームに連携ボタンを表示しますので、ユーザはこれをクリックすれば登録されている情報を呼び出す事ができます。

yahooid_03

Yahoo! ID連携は直接申し込む事ができるのですが、それにはYahoo! JAPANとの手続きと、システム連携の為の作業が必要です。

●Yahoo! ID連携について
http://developer.yahoo.co.jp/yconnect/

しかし!フォームアシストは既に、システム連携を行っていますので、
企業様でのシステム関連作業は不要です!

会員数はどのくらい?

さて、気になるのはYahoo! JAPAN IDにはどのくらいの会員数が登録されているのか、という事ですよね?

Yahoo! ID連携の詳細ページでみると月間アクティブユーザは約2,829万人(2014年7~9月 各月中にログインしたYahoo! JAPAN ID数の平均)だそうです。出典:Yahoo! JAPAN調べ
http://marketing.yahoo.co.jp/service/yidconnect/

ただし、電話番号や住所など、どこまで情報を登録しているかはユーザにより異なりますから、この連携機能の利便性はそれぞれです。

このあたりは、効果測定を含めまたレポートしたいと思います!!