おひさしぶりです。トミーです。最近は「本質」の追求が口癖になってます。

それって必要?それって何?、何でそうなるの?さぞ周りの人たちにはうざったく思われていることでしょう。

今回はEFOでも本質を追及していきたいと思います。

SNS連携って実際どうなの?

001

最近、入力フォームでよくみかけるようになった「SNS連携」。

FacebookやTwitterやLINEなどのアカウントで入力が簡単になっちゃうってやつですね。

でも!本当にそのサイトのそのフォームにSNS連携必要ですか?ターゲットはSNSやっていますか?

実際にLINEで連携してみたら。。「全然入力項目連携されない」「そもそもアカウントのIDなんだっけ」

結果、離脱してしまうことも考えられますよ。大切なのは「ターゲット」のユーザが本当に「利便性」を感じるかどうか。ここがポイントです。

アラートうざくない?

003

あるフォームのお話ですが、項目にクリックする度に「必須項目です。」というアラートが吹き出しで出てきます。

さらに空欄で次の項目に進む時にも別のアラートが出てきました。邪魔だし、うざいし、途中でやめました。

アラートのタイミングってすごく重要です。出しすぎても出さなすぎてもダメなんです。例えば「氏名」は必須なんて当たり前ですし、漢字で入力してくださいもおかしいですよね。

反対に「同一生計者」などの項目は一見何を聞かれているんだ?ってなりますので「●●のことです」ってアラートを出してあげるとユーザも「あぁ!(なるほど!)」ってなりますよね。

細かいことかもしれませんが、何でもかんでもアラートや注意喚起をしてあげればいいと考えるのはNGです。
※アラートだけでなくテキストの注意書きも同じくです。

表示項目を少なくするのは良いけど。。

002

最近では項目ごとにエリアを分けて、入力完了したら次の項目を表示する形式も増えましたね。

お名前エリア⇒住所エリア⇒補足項目エリアのような感じで出現するタイプです。

フォームもすっきりして初見のストレスも少ないので直帰するユーザも減ります。入力完了して次の項目が出現するだけのフォームはすごい良いです。OKです。

しかし、入力した内容によって次の表示内容を裏側にて非同期通信しているタイプがあります。すぐ表示されればいいのですが通信に時間がかかると表示までも当然遅くなり、かえってストレスを与えて離脱します。

上記以外にも後付で機能をつけすぎて表示が遅くなる、動きが悪くなることがありますのでご注意を。

ミニ四駆のようにコース(ターゲット)にあったセッティングを!

年代がばれてしまうようであれですが・・・

ミニ四駆は早いモーターをつけて、高いタイヤを履かせればレースに勝てるものではありません。

フォームでもその機能が本当に必要か、ターゲットに合っているか、サーバが耐えられる機能なのか、本質を追及してみてください。