特定の情報から類推して入力回数を軽減する方法。サイト管理者側でコントロール可能な自動入力には以下がある。

1)郵便番号
郵便番号から住所を自動入力する。または、住所から郵便番号を逆引きする。

2)漢字/かな(氏名)
氏名を漢字で入力するにあたり、PCキーボードであれば確実に「かな」または「ローマ字」を経由する。この入力過程をJavascript等を使って一時的に記憶する事で氏名を漢字で入力すると自動的に「かな/カナ」欄も埋まる。

3)入力情報の一時記憶
入力情報を一時的に、Cookie、ローカルストレージ、サーバ側に保存する事で、再入力の手間を省く。但し、この機能は上述の2つとは異なりプライバシー保護やセキュリティ面から是非がある。フォームアシストのオートコンプリートの場合、cookieやローカルストレージには独自IDしか残さず、サーバ側に照会して初めてオートコンプリートが有効になるため隠ぺい性は高い。