CPAとは、Cost per Action(行動) または Cost per Acquisition(購買)の略称。1つのコンバージョン(CV)を獲得するに当たり掛かるコストを表す。主として、PPC(Pay per Click)広告など、追跡可能な投資に対する評価を行う指標として使われる。

顧客獲得単価とも言われる。Adwords等の検索広告は、クリックとコンバージョンの因果関係をCookieなどの履歴で追跡できるため、CPAの算出が容易である。そのため、投資がしやすく、PPC広告がインターネット広告の主流を占めるようになった要因の一つに上げられる。

CPAを算出するに当たって注意すべき点は、クリックとコンバージョンの因果関係を証明する手段が必ずしも正確ではない事である。

例えば、広告のCookieの有効期限が30日であり、顧客がアクションを起こすのに必要な期間が平均90日であった場合、広告の効果は無いことになる。実際は広告により行動している可能性もあるが、データとしてひも付けるのが難しい。

また、スマホ、PC等のデバイスを複数使用している場合、多くはCPAの算出が困難になるか、スマホ広告はPC向け広告より効率が悪いという結論に陥りがちである。