CRMとはCustomer Relationship Management(顧客関係管理)の略称であり、顧客管理システムを指す。一般的にCRMでは名刺等に記載されている基本情報、取引内容、取引履歴、担当者などをコンピュータシステムで一元管理する。

情報の入力は会社規模が大きくなる程、情報統合が困難になりシステムが肥大化する傾向があり、また、情報内容にはプライベートに類する情報も多々含まれるため、セキュリティ上のリスクや管理資源の割当等が負担になる傾向が高い。