コンバージョン関連より集客関連のテクニックの方が若干得意なにゃんこ師匠です。

今回から「Google SEO対策を学んで集客に強くなる|2016年版」と題し、Google検索のSEO対策手法と、実践について解説していきたいと思います。

1回目はGoogle検索の癖とペルソナの関係です。

検索順位を上げる方法はあるのか?

あります。が、裏技的なものや、あっという間に1位になる方法なんていうのは、存在しません。

もし仮に、そうした方法があったとしても、それはGoogleの好まない方法で、楽して上位をとる方法は必ずGoogleに見つかって対策されてしまいます。

唯一有効な方法は「Googleの検索結果から検索者のペルソナを知り、それに合うコンテンツを提供すること」です。

検索ユーザーの気持ちを汲み取ってページ・タイトルを作る

例えば「かう」というキーワードを検索してみましょう。

かう Google 検索

「かう」が「買う」なのか、ある「固有名詞の特徴的な一部」なのか、その「ジャンル」は、「検索の目的」は?

Googleがこのように、いくつか意味の違う検索結果を混ぜてきているときは、検索者の意図(ペルソナ)が読み取れず、適切な検索結果を提案できない状態を指します。

そのため、可能性のあるパターンを幾つかチョイスして、少しづつ検索結果に織り交ぜているのです。

これが、もし新語なら?

もし、今、大流行の兆しを見せている言葉がこの状態ならチャンスですね。検索経験の少ないワードとしてデータが少ないという状態ですから、このキーワードを選択するべきでしょう。

しかし、そうではないなら、あなたの考えているキーワードは的外れということになります。

一貫性のない検索結果がでたら、要注意です。

よく検索されるワードは一貫性を保つ

「カオス」と検索した結果です。終始、用語の解説が並んでいることからGoogle検索は自信のある検索結果を出しています。

カオス Google 検索

似たワードでも検索数が多いと異なる結果を返す

「かおす」と検索した結果です。「カオス」とは全く異なる検索結果になります。

かおす Google 検索

タイトルを決める前に何度も検索しよう

上記は、わかりやすいように、シンプルなキーワードを選択しましたが、実際には明確な変化が少なく、分かりにくい場合もあります。
ただ、検索結果の傾向から、どのような内容が好まれているのかを知ることは可能だと思います。

Googleの検索結果の順位づけには、少なからず、検索者の人気ランキング的な要素が加味されますので、それを意識して検索結果を見れば、どのような内容(構成)?どのくらいのボリューム?求められる情報の深さは?などが見えてくると思います。

ぜひ実践してみてください。