コンバージョン率の最適化に関する誤解

神話1:コンバージョン率の最適化は、ボタンの色を変える、行動を促す言葉を赤くするなどの「ベストプラクティス」に従ったほうがいい?

非常によく言われるのがボタン色の変更です。

コンバージョン率が低い場合は、ボタンの色が間違っているか、行動を促す言葉が赤色ではなく青色であることも多いため、軽い調整を行うと、コンバージョンが若干高くなる可能性があるため、ベストプラクティスと錯覚します。

実際には小さな変更以外にも改善点は多くあります。

・サイトの信頼/信頼の欠如
・長い変換プロセス / 長すぎる導線
・ウェブサイトが遅すぎる
・キャッチコピーの不統一
・行動を促す言葉の不足
・広告と実際の商品の不一致

などなど

神話2:コンバージョン率の最適化は、ユーザーが望むものを推測すること?

しかし、実際のユーザ心理はユーザにしかわかりません。推測は裏付けが必要です。
ユーザアンケートを継続的に行わないと最適化はできません。

最適化計画には戦略的なアプローチが不可欠です。

神話3:長いページはコンバージョン率が下がる。ユーザーは読まない。ユーザーはスクロールしない?

あなたが実行しようとしている最適化の取り組みに、ランディングページを短く、衝動的なものにするのがあったら、もう少し調査してみましょう。

本当に関心のあるユーザーは、より多くの情報を必要としている可能性が高く、彼らは読んで、スクロールします…

重要な情報を削除せずに、あなたのコピーを明確かつ簡潔かつ魅力的なものにしできるだけナビゲートしやすいようにページを整理してみましょう。

神話4:成功した会社のウェブサイト(言葉遣い、レイアウト、配色)を複製すると、コンバージョン率が上がる?

コンバージョン率の最適化は、ウェブサイトを「よりクリーン」かつ「よりモダンな」ものにするための問題です。

この神話は2と似ていますが、実際のデータ以外の何かに依存して最適化計画を指示しています。

成功したウェブサイトをコピーするとコンバージョン数が増加することが、ままあります。この複製により実際に意識していなかった変換への障壁を削除した可能性があります。

つまり問題がわからないまま障壁を取り除いたので、同じ間違いを繰り返す可能性があります、

神話5:コンバージョンは重要な唯一の指標です。私の努力は、できるだけ多くのコンバージョンさることに焦点を当てるべきです?

コンバージョンを最適化することが重要です。しかし、多くの訪問者にとって、コンバージョンはプロセスであることを理解することも重要です。

あなたの目標はユーザーを操作することではありません。

コンバージョン率に加えて、他の意味のある指標にも注意を払う必要があります。たとえば、訪問者の最新性(訪問の間隔)と訪問者のロイヤルティ(訪問者の頻度)を考慮すると、ユーザーの関与度に関するアイデアを得ることができます。

アンケートはここにも便利です。顧客満足度が低い場合、その回答を掘り下げて、ユーザーの期待がオファーとずれているかどうかを確認できます。

あなたがあなたの製品を購入する間違った人々を見つけた場合は、訪問者のトラフィックソースと広告を再評価するきっかけにもなります。